_

2017.07 → 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2007.12.27 → 【386音】変わらない、きっと。
人は決して変わらない生き物だと思う

でも、意識というのは、その時次第で変えられるものである
これは絶対です。

目をつぶって歩いているようなものだ
目をつぶって、何も考えずに歩いていればまっすぐに歩けないけど
意識をしていれば、それなりにまっすぐ進めるものである。

だから、意識をしていれば少しでも自分の思った方向に歩いていけるものです。

でも、この意識もちょっとしたことで揺らいでしまうもです

きっと好きな人と一緒にいれば、忘れてしまうことだってあるし
大事な友人と一緒にいれば、安心感がふくらんでくることでしょう。

僕はといえば、転校を重ねるたびに自分の嫌いなところを変化させたつもりですが
幼い頃の友人と一緒にいると、その頃の自分を感じてしまう。

不思議である。


そんななか、やはり人間は変わらないものだなぁと感じたことが
この前の結婚式であった。

小5の終業式だったか?
クラスの友人たちがサッカーボールに一言ずつ
メッセージを書いて僕にくれたのだ。

そして、僕の友人であるY君が、この話を始めさせているのだ

彼はそのボールに
「僕のことを忘れないでね」by Yと書いてくれて

それを友人O君が笑いながら、からかっていたのを覚えている。

当時なんで、そんなにおかしかったのかもハッキリしないのだが
きっと男が男に向かって「僕のことを忘れないでね」と自分の心配を
少しながら重視したメッセージを残していることなのかもしれない。

そんなおかげで、僕は彼とは
10年近く会っていなかったかもしれないが、未だに覚えている。


ちなみにそのY君を馬鹿にしていたO君は小学生らしく
「Jリーグにいってくれ!」という「J」を逆さまに書いてしまい
「しリーグにいってくれ!」と書いてある。

どちらかというと、こっちが笑われる方なのかも。


そして、この写真である。
これは式の最中に、僕らで撮って、メッセージカードとしたのだが

そういえばY君はなんて書いたのかな?って思って
式の途中で、この写真が張り出されているところに見に行った俺。

RIMG0126-01.jpg



真ん中がO君でその左に俺。
そしてY君は一番右側にいて、俺の真似をしたのか

吹き出しを書いて、新郎、新婦に一言。


「がんば!」



彼はみんなから小学校の時と変わらない扱いを受けている
愛らしいやつだ。

やっぱりこの頃の友人たちが好きだなぁと思う。


thanks for today!!





スポンサーサイト
(23:01) □ソラトコト / トラックバック(0) / コメント(2) /
【387音】あけてしまって、起きましたが。 / HOME / 【385音】もう残りも少ないですね
ココさん>> ソラトさん
遅くなってしまいごめんなさい。
完全に正月を堪能していました。
明日から、気合い入れて行くぞ!ってことで
今から寝ます!
今年度もよろしくです!!
1/16楽しみにしててくださいね!
2008.01.04 (03:01)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /
そう、 ココさん
多分変わらないし、そうそう変えられない、と私も思います。良くも悪くも。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもんだとよく思う。一方でそんな自分との付き合い方を少しづつ変えてゆくことは出来るのかも、とこの年(どの年?)になって思っています。“自分”って周りの人との接点で出来上がっているような、形があってないようなものだから、友達って大切だなって、これもこの年になって思っています。
2007.12.28 (11:59)/ URL / #- / [ 編集・削除 ] /






 管理者にだけコメントを見せる

HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。