_

2008.05 → 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
--.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(--:--) スポンサー広告 / トラックバック(-) / コメント(-) /
2008.05.18 → 【445音】寝れる時に寝る。
RIMG0022-01.jpg


この前ね、友人宅でバーベキューしたんですよ
その時にね、子供たちが2階でWiiをやってるっていうから
Wii初体験!!と思って、仲間に入れてもらったんです。

スマッシュブラザーズというゲームをやっていたんだけど
とても懐かしい気分になりました。

子供たちでゲームをするということには

"ゲームで強いこと"以外にも、大事なことがあります。

それは

"誰の家のWiiなのか"

"誰の持っているゲームなのか"

もうこれは絶対です。だって、この持ち主に間違っても勝ってしまって
悔しい思いをさせようものなら、たちまち

「○○くんにはもうやらせてあげない!!」

といった流れになります。

もう、大人となってしまい、初めて子供に「おっさん」と呼ばれてしまった僕には
ひやひやする場面がたくさんありました。

持ち主の子供を差し置いて、遊びにきた男の子たちがゲームを独占していたり
ゲームで勝負をしながら、お互いにヤジを飛ばし合い。そのヤジが強烈だったのか

「誰のゲームだと思ってんの?」みたいな、会心の一撃!!

もう笑いが止まりませんでした。

そんな中、持ち主であるR君と僕はWii初心者ということで
勝負をしたんです。前評判としては

「おっさん!やばいよ!!Rはすっごく強いんだよ、きっとボロボロにされるよ!」

R君「いっひっひ」

あ、ちなみにおっさんというのは僕のことです。

というわけでゲームスタートして、なかなかWiiの操作が難しくて
最初は苦戦していたんですが、少しコツを覚えてしまったおっさんは

必殺技を出せるようになってしまって、しかもそれがたまたま
R君のキャラクターにヒットしまい、3階勝負のうちの1回を勝ってしまい

すると、周りの子供たちが
「おっさんすごいよ!すごい!Rはやばいなぁー」とあおる。

すると、Rくんが急に黙って集中しだして、必死になったから

俺も、これはいかんいかん。と思っているそばから

また必殺技が当ってしまって、もう相手のキャラは瀕死状態!

すると周りの子供たちのヤジの会心の一撃により、プレイヤーR君も泣きそうになったのを
横目に目撃したおっさんは。


さりげなく、リモコンを放置。

もう怖くて触れない、もしまた必殺技があたってしまったら
子供世界のピラミッドが崩壊してしまう。

もうそこからはおっさんはボカスカとやられ、終いには落ちちゃいけないところに
自ら身を投げて、負ける始末。

そして、おっさん「やっぱりR君は強いねー」と言うと
R君は自慢げに「初めてにしてはすごかったよ」と嬉しそう。
周りの子供たちも「Rには絶対に勝てないんだよ!」とはやしたてる。


今日も子供世界は平和だった。

RIMG0040-01.jpg


無事に負ける事ができて安心する
今宵初めて子供から「おっさん」と呼ばれたS氏。

thanks for today!!

スポンサーサイト
(23:57) □ソラトコト / トラックバック(0) / コメント(2) /
HOME
 
Photo by Butterflyxxx Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。